初心者でも簡単に始められる信用取引3選!?

最も有名な信用取引、それは株式取引

株式会社が発行する株式が投資対象となっている取引が株式取引です。一般的に株式取引は現物取引が有名ですが、実は株式取引では信用取引も可能となっています。株式取引での信用取引は、現物取引と同程度の資金でその3倍程度まで取引が可能となります。ただ株式取引の特性上、株式の価値がゼロになる可能性もありますので、株式の信用取引においては投資資金以上の損失が発生する可能性もあります。この点は、初心者には注意が必要です。

外国為替証拠金取引、FX

FXという愛称で親しまれているのは外国為替証拠金取引です。この取引は、ドルや円、ポンドいった各国の通貨が取引の対象となっています。FXが人気の大きな理由は、平日24時間取引が可能である事です。取引対象が通貨ですので世界中で取引されており、日本が深夜であっても世界のどこかでは取引が成されています。ですから24時間値動きがありいつでも注文する事もできます。日中仕事をしている社会人には嬉しい取引制度だと言えます。

ハイリスクハイリターンの代名詞、商品先物取引

商品先物取引の投資対象は、穀物や工業品といった割と身近にある商品です。具体的に言うと、ガソリンや灯油、金やとうもろこし大豆などが投資対象となっています。商品先物取引の歴史は古く、江戸時代の大阪の堂島で行われていた米の取引が期限だと言われています。この取引は、FXや株式よりも、実際の資金よりも更に大きな額の取引が出来ることにあります。だから大きなリターンが得られる可能性があります。もちろんその反面、大きな損失を被る可能性もあります。

各証券会社が金利や弁済期限を自己の裁量で設定することが認められており、返済期限が制度信用のものに比べて長めのものを一般信用取引と言います。